佐藤緋美 浅野忠信の長男が「グッドワイフ」でドラマデビュー 経歴や演技力は?

f:id:vzero:20190127142058j:plain

俳優の浅野忠信さんの長男・佐藤緋美(ひみ)さんがTBS日曜劇場「グッドワイフ」の2月3日放送の第4話でドラマ初出演を果たす事になりました。

佐藤緋美さんは現役高校生の19歳で今回演じる役どころも同じく高校生で野球部員の荻原翔平を演じます。

 

佐藤緋美の経歴

佐藤緋美(さとう ひみ)1999年12月19日、俳優の浅野忠信と歌手のCHARAとの間に生まれます。

父・浅野忠信の本名は佐藤忠信といい佐藤緋美という名前は芸名ではなく本名ではないかとの憶測がなされています。

中学高校はインターナショナルスクールに通いその後の1年間はオーストラリア・シドニーに留学していました。そして日本に帰国後モデルとして芸能活動を始めていました。

2018年には舞台「書を捨てよ町へ出よう」で初主演で役者デビューを果たしています。ドラマに先んじて舞台の経験があるとなればその演技力にも期待が高まります。父親の役者としての血は引き継がれているのか注目していきたいところです。

 

ドラマ「グッドワイフ」の内容と佐藤の役どころ

常盤貴子さん演じる蓮見杏子は出産を機に弁護士の職を退いていましたが唐沢寿明演じる夫で東京地検特捜部長の壮一郎が汚職容疑で逮捕された事をきっかけに弁護士として復帰するというストーリー。

佐藤さんの演じる高校球児の翔平は主人公杏子のかつての近所に住んでいて翔平は母を通じて杏子と面識があり気軽に相談できる間柄であった。

ある日翔平はマンションの屋上で喫煙していた事が管理人に見つかり、野球部の大会に出場できなくなるのではと杏子を頼って法律事務所を訪ねてくるというストーリー。

翔平役を演じる佐藤緋美もまた野球をやっていたそうでその時の事を思い出しながら演じていたそうです。等身大の演技に期待大です。

 

女性に観て欲しいドラマ

f:id:vzero:20190127142348j:plain

「グッドワイフ」は2009年からアメリカで放送された「エイリアン」「ブレードランナー」などのリドリー・スコット監督が制作総指揮を勤めた『The Good Wife』という法律ドラマを元に日本でリメイクした作品です。

原作のドラマは性的スキャンダルを起こして失墜した政治家の夫に代わり職場復帰する元弁護士の妻が弁護士として難事件と同時に夫の汚名とも戦っていく女性のたくましさを描いた作品です。

日本リメイク版の方も大まかな設定はそのまま引き継いでおり作品テーマも同様で、女性の生き方を描いた作品になっているので女性におすすめのドラマといえるでしょう。

Amazon.co.jp: グッド・ワイフ シーズン1 (字幕版)を観る | Prime Video

 

最近増えてる海外ドラマのリメイク 日本版『24』も

今回取り上げた「グッドワイフ」の他にも海外作品のリメイクが目立ってきています。

2018年10月から放映の織田祐二が主演を務めた月9ドラマ「SUITU/スーツ」やアメリカで放送された未解決事件を追う刑事ドラマ作品の日本リメイクの「コールドケース2~真実の扉~」などがありました。

 

最近ではアメリカドラマ「24」の日本でのリメイクも2020年に放送される事が決定しています。日本版ジャック・バウアーは一体誰になるのかとても気になりますよね。

 

それでは以上、『佐藤緋美 浅野忠信の長男が「グッドワイフ」でドラマデビュー 経歴や演技力は?』 でした。