メディバンペイント for Android スマホでのイラストの描き方・使い方

f:id:vzero:20190123215924j:plain

デジタルイラストを描いてみたいと思った時にハードルとなるのがパソコン環境でパソコン本体に専用のイラストソフト、そしてペンタブレット。最低でもこれらは必須と思われていそうですが実際はお手持ちのスマートフォンがあればデジ絵は始められます。

 

今回紹介するのは無料のイラスト・マンガ制作ツールメディバンペイント(MediBang Paint)です。iPhone、Androidにそれぞれ対応していてお手持ちのタブレット・スマートフォンですぐに作業が始められます。

無料なのに豊富な素材やブラシが使えてデータもクラウド上に保存できるのでいつでもどこでもアクセスできてスマホの容量を気にする必要もありません。

medibangpaint.com

私も初めてメディバンペイントに触れてみましたが非常に分かりやすく探り探り使っていくうちに大体の事は分かってきましたので、自分が使ってみて分かりにくかったところなども含めて使い方を解説していきます。

 

メディバンペイント(MediBang Paint)の準備

f:id:vzero:20190121214530j:plain

今回は私のスマートフォンの環境の関係でAndroid版での説明になりますが iPhone版も基本操作は同じですので参考にして下さい。

 

メディバンペイント
メディバンペイント
開発元:MediBang inc.
無料
posted withアプリーチ

 

それではまずアプリを用意します。『MediBang Paint』をiPhone/iPadの方はAppStoreからダウンロード、Androidの方はGooglePlayからダウンロードしてお手持ちの携帯端末にインストールします。

しなくても利用はできますがインストール後にユーザー登録をしておくとクラウドや素材が利用できるようになるなど便利な機能が使用可能になります。

 

タッチペン

そして指でスワイプして描く事も出来ますがタッチペンがあると非常に楽です。100円ショップに売っているような安い物で十分なので是非用意して下さい。

私のおすすめはペン先が透明樹脂ディスクになっているタッチペンです。シリコンゴム製のような弾力による抵抗もなく先の尖った樹脂製のペンのように画面を傷つける恐れも無くピンポイントな操作が可能です。  

f:id:vzero:20190121212212j:plain

このようにペン先のディスクがしっかり画面に接地していながらぐりぐりと可動して自由に動かせます。

 

 

メディバンペイントの使い方

f:id:vzero:20190121215038j:plain

まずアプリを起動します。最初にイラストを描くためのキャンバスを作成します。

「新しいキャンバス」を選択しタップします。

 

f:id:vzero:20190121220920j:plain

 デフォルトサイズでよければそのまま「作成する」をタップ

 

f:id:vzero:20190121221353j:plain

サイズを変更する場合は値を入力するか用紙サイズを選択します。

 

 ツールパレットの説明

f:id:vzero:20190121233859j:plain

キャンバスが作成されました。アイコンの配置などショートカットを置いたりカスタマイズできるので必ずしもこの通りの並びではありませんが各アイコンの説明は以下の通りです。

①ペンツール:ペンorブラシ。詳細なカスタマイズはパレットツールで行います

②消しゴムツール:画像の消去。レイヤークリヤーで全消しもできます

③図形ツール:直線・曲線・図形などを作成できます

④自動選択ツール:同色の連続部分や線で囲んだ部分を選択できます。

⑤図形塗りつぶし:長方形や楕円など図形での塗りつぶしができます。

⑥流し込みツール:線で閉じられた領域を簡単に塗りつぶせるツールです

⑦グラデーションツール:キャンバス上をドラッグしてグラデーションが描画できます

⑧選択範囲ツール:図形や描画によって選択範囲を作成します

⑨前の操作に戻る:前の作業に戻せます

⑩やり直す:前に戻した作業をやり直します

⑪スポイトツール:キャンバス上の画像から描画色を取得できます

⑫全体表示:画面表示の変更

⑬メニュー:開く、名前をつけて保存。詳細設定など

⑭編集:コピーや切り取り、貼り付け、トリミング等の編集ができます

⑮回転:描きやすい角度に画像を傾けるなど画面表示の回転が行えます

⑯パレットツール:ペン・ブラシの選択・幅・透明度の設定、使用頻度の高い色の設定

⑰レイヤー:レイヤーの追加や乗算などの編集ができます

⑱描画色:現在使用中の色や濃さを変更できます

 

詳細設定をします

f:id:vzero:20190122000242j:plain

 メニュー>設定から機能の設定をします。「キャンバスを指で回転する」のチェックは外しましょう。指で作業するなら問題ありませんがタッチペンを使って作業しているとペン先と小指が同時に触れただけで描いてる最中にキャンバスが回転してしまい、私のように作業の邪魔になって先に進まなくなってしまいます。回転させたい時は回転ツールを使うようにしましょう。

その他のショートカットなどお好みで使いやすいように設定して下さい。

 

レイヤーの使い方

f:id:vzero:20190122213637j:plain

 

レイヤーとは?
レイヤーとはグラフィックソフトにおいて、画像一枚の面に対して複数の画像を重ねて合成する事です。作品を複数のレイヤー(階層)に分けて製作する事でレイヤーごとの編集が可能になります。

写真のフォトレタッチにしろイラストにしろ別のソフトを使う際にも概念は一緒なのでグラフィックソフトの使い方として覚えておくと便利です。

 

①下のレイヤーツールを選択し

②+をタップしレイヤーを追加

③レイヤーの種類を選択ここではカラーレイヤーしか使いません。

 

 新しいレイヤーに下描きをする

f:id:vzero:20190123152815j:plain

新しいレイヤーに下描きをします。後で気が付いたのですが「下書きレイヤー」というチェックがありました。私は使っていませんが選択範囲などで他のレイヤーに影響しないようになるそうです。

f:id:vzero:20190123172447j:plain

電車に乗っている女の子の絵を描きます。私は太目のペン先(10pxくらい)でラフにざくざく描いていきます。

描きながら洋服や髪型のデザインを煮詰めていきます。この段階ではカジュアルな洋服を考えていますが、描いてるうちに学生服にするかも知れないし髪型も大きく変更するかもしれません。

 

ペン入れ

下描きができたらペン入れをします。下描きレイヤーの上に新規のレイヤーを作り下描きをなぞるように線を描きます。この時に下描きレイヤーの透明度を下げて薄くしてやるとなぞりやすくなります。

f:id:vzero:20190123153415j:plain

ペン入れでは手ぶれ補正をかけてやると線が引きやすくなります。あまり補正を強くすると処理が重くなりポインターがペン先に追従してこなくなるので5くらいに設定しておけば十分かと思います。

 

流し込みツールの手順

f:id:vzero:20190123172543j:plain

下描きに手を加えつつペン入れが終わりました。作業が先に進んでいますが背景のレイヤー分けまで終わった状態です。

背景の手すりや椅子、扉など色や素材が変わる部分は別レイヤーで分けて「流し込みツール」で塗っています。「バケツツール」とも呼びますがここでは呼び方を流し込みツールで統一します。

 

f:id:vzero:20190123173222j:plain

青緑色で塗った部分に注目してください。

流し込みツールで一度に塗り分けていますが、そのまま色を流し込むと画像のように線画のふちに塗り残しができてしまいます。

線にアンチエイリアスがかかっているので線画のジャギーを抑えてドットのガタガタが現れないようにぼかし処理がされてる訳なのですが普通に流し込みツールを使うと細かいぼかし部分に色が乗らずこのような塗り残しとなってしまいます。

 

f:id:vzero:20190123173113j:plain

これを回避する方法として流し込みツールの「拡張」をします。1ピクセル単位で拡張する事で選択範囲をより広くする事が出来ます。

あと流し込みツールだけで対応できない細部は画面を拡大してペンツールを使って塗りつぶしておきましょう。

「隙間閉じ」は囲った線が途切れている部分を拡張して繋がっているものとして範囲選択するものです。

 

背景の塗りこみ

f:id:vzero:20190123174523j:plain

背景に色を乗せていきます。これが最初の方で説明した「レイヤーを分ける」という事の利点なのですがレイヤーを分けた事によって人物レイヤーを隠して背景レイヤーだけを作業したりする事ができます。

 

f:id:vzero:20190123174809j:plain

ちなみに今回の女の子の絵では髪の毛の線画も別レイヤーに分けています。これはキャラ設定が固まる前からライブ感覚で描き始めたもので後になって髪型修正しようとしたときに同じレイヤーだと目や体に線画がかかってると周辺の線まで手を加える事になる面倒を避けるためです。

 

f:id:vzero:20190123174950j:plain

ついでなので髪の毛の線画の色を変えました。線画レイヤーの上に新規レイヤーを作って「クリップ」というところにチェックを入れると下レイヤーに対してクリッピングマスクが作成されますので下レイヤーからはみ出さずに色が塗れます。

背景の椅子や扉も色分け毎にクリッピングマスクを設定して影色を重ねていきます。

塗りに使用したブラシは全て「水彩」ブラシです。

 

クラウドにデータを保存

f:id:vzero:20190123175403j:plain

メディバンペイントではデータの保存を端末本体の保存領域かもしくはクラウド(インターネットサーバー)のどちらかを選べます。クラウド上に保存するメリットは端末の容量を圧迫しないという事と別の端末に持ち替えた時も同じアカウントでログインすれば続きから作業が再開できるという事です。

デメリットは保存や開くのにデータの送受信する事になるため、こまめなバックアップを取る人は月々の転送量を気にする必要があるという事です。

 

表示レイヤーの一括統合ができない?

f:id:vzero:20190123180503j:plain

作業途中で試しにレイヤーを統合しようと思ったのですが「フォルダ内のレイヤー」と「下のレイヤー」の統合しか出来ないみたいです。

いやいや嘘でしょ?何かある筈と思ってあれこれいじりましたが本当に無いようです。フォルダ内の統合は出来るようなので新規のフォルダを作ってそこに全てのレイヤーとフォルダを突っ込む事にしましたが、そこでまたアクシデントです。レイヤーを複数選択しての移動が出来ません。

他所のPCグラフィックソフトなんかだとShift押しながら複数選択して移動とか出来るのですがそういった事も出来ないのかと思いましたがこれは解決できました。

 

f:id:vzero:20190123181620j:plain

レイヤーアイコンをタップしてレイヤー設定を開くと「錠前」のアイコンがあるのでそれをタップします。すると広告視聴をするかどうかの確認表示が現れます。

1回10秒ほどの広告動画を見ると13時間の間、レイヤー機能が拡張されレイヤーの複数選択・移動や削除が行えるようになるそうです。

フリーソフトはこういう方法で収入得てるんですね。課金しろとかそういうのではないので安心してください。

f:id:vzero:20190123181839j:plain

広告動画を見ましたので機能が開放されました。各レイヤーの横にチェックを入れて一度に動かせるようになりました。

 

細部に手を入れる

f:id:vzero:20190123195012j:plain

影やハイライトなどを塗りつつ背景の車内広告を入れたり背景・人物共に細部に手を入れていきます。また外から差し込む光などもスクリーンで入れています。 その後、背景レイヤーを統合してぼかします。

 

最終仕上げ

f:id:vzero:20190123195740j:plain

ぼかしを使った仕上げを行います。「グロー効果」という全体の光彩を際立たせるエフェクト効果です。

背景・人物全てのレイヤーを統合したのち複製レイヤーを作ります。

複製したレイヤーを「ガウスぼかし」でぼかしたら「比較(明)」をかけて合成します。今回は「比較(明)」をあてましたが「スクリーン」や「オーバーレイ」を使たりぼかし具合を強くすればもっとはっきりとした発光効果が得られます。

 

完成したイラスト

f:id:vzero:20190123205214j:plain

いかがでしたでしょうか下絵から完成まで全ての作業をスマホだけで行いました。非常に使い勝手の良い優秀なアプリです。本格的な使用にもたええるしスマホでこれだけ出来れば十分だと思います。

暇な時などスマホで小説読んだりするよりよっぽど時間潰しになるし楽しめました。

それでは以上、『メディバンペイント for Android スマホでのイラストの描き方・使い方』でした。

 

www.zero-note.net