エスパー伊東 年内で引退 結婚式の余興で年収2000万円稼ぐも股関節が限界

f:id:vzero:20181223192106j:plain

 エスパー伊東こと本名・伊東万寿夫(57歳)が2018年12月31日をもって芸能界を引退する事を発表しました。エスパー伊東といえば「ボストンバッグ入り」「扇風機舌止め」「高速1分間梅干し30個食い」など数々の能力を披露する事で有名でしたが、公式ブログやツイッターによれば、かねてより状態の良くなかった股関節の治療に専念する為と報告をしています。

 

 

かねてより股関節の状態が悪く、ここに来て動かすことが困難になってきました。ワザを披露できない、うまく歩けない、トークもままならず任せているような状態です。このような最悪の状態の中で芸を披露することはできないと思い、今回、芸能活動から引退をすることを決めました。

 

これからは実家の真鶴に戻り、股関節の治療、また、手術等も考えております。

 ブログによると「股関節」の状態は通常の歩行やトークにも影響が出るほどのようで技を披露する事が出来ないとの事で芸能活動引退を決意なされたようです。

エスパー伊東は芸暦が長くその殆どを身体を酷使する芸に費やしてきました。芸の多くは失敗して笑いを取る失敗前提とも思える芸ですが、それでも万全の状態で臨めないのであれば披露出来ないと考えているのでしょう。また57歳という年齢を考えれば根性だけではどうにもならない、誤魔化しがきかないところまできてしまったという感じでしょうか。

現在では歩くときも杖を使う事もあるそうで、一旦東京を離れて実家に戻って手術をするつもりでいるそうです。

 

エスパー伊東の収入は結婚式の余興がメイン

f:id:vzero:20181223200801j:plain

テレビではあまり見ないけど地方営業などで安定して稼いでる芸人も居ます。「テツandトモ」や「ダンディー坂野」などが有名ですがエスパー伊東もその収入の殆どを営業だけで稼いでいる芸人の1人です。

エスパー伊東は自ら「結婚式余興芸人」と言ってるほどで、1回20万円ほどで結婚式に呼べて20分ほどのショーを披露して式を盛り上げてくれるそうです。その収入は年間で2000万円にもなるそうです。

そのショーの構成はサプライズで登場するのですが「お二人の結婚を祝してプレゼントが届いています」とバッグが贈られます。

そしてバッグの中からエスパー伊東が現れると、お祝いメッセージとお祝いの芸が披露されます。

現在、婚期にあたる20代から30代中盤辺りの世代ではエスパー伊東を知らない人はほぼいないのでかなり盛り上がっているそうです。

しかし、当然ながら今後は結婚式も含めて活動は出来なくなるので呼ぶ事は出来なくなります。

 

エスパー伊東と同様に身体を張ってる芸人たち

f:id:vzero:20181223214639j:plain

・江頭2:50(えがしら にじごじゅっぷん)

ご存知エガちゃんこと江頭2:50です。エガちゃんも2018年の現在53歳とエスパー伊東より4歳若いですが同じく上半身裸にタイツというスタイルで身体を張った芸をするお笑いタレントです。

この人も下品で強烈な芸風とは別に命がけの身体張ったネタも数多く身体を壊さないか心配な芸人です。今年は過労で体調を崩したりしてパチンコ営業などを複数キャンセルしていたそうです。

 

f:id:vzero:20181223214908j:plain

・「電撃ネットワーク」南部 虎弾(なんぶ とらた)

 金魚を飲み込んで吐き出す、睾丸にロープを括りつけてコンクリートブロックを持ち上げるなどの危険なネタが多い。今の若い世代は知らないかも知れませんが「ダチョウ倶楽部」の元リーダーをやっていた方です。現在のダチョウ倶楽部のメンバーもついていけないような過激な身体を張った芸をするために脱退して電撃ネットワークに参加しました。

一時期、エスパー伊東と一緒に身体を張ったパフォーマンスをしていた事があり現在もライブ等では共演しているそうです。

2017年には自宅で倒れ、心不全と診断。現在は療養して活動を再開しているそうです。

 

まとめ

2018年の終わりにまさかの引退発表。手術も受けるそうなので回復する事をお祈りしてます。元気になったらユーチューバーになったりとかTVや営業以外でも活動の場はあると思いますのでまたどこかで姿を見る事ができるようになるといいですね。

それでは以上、『エスパー伊東 年内で芸能界引退 結婚式の余興で年収2000万円稼ぐも股関節が限界』でした。

 

12月26日追記・エスパー伊東は25日、都内で会見を行い引退発表を撤回したそうです。

自身の公式ブログ製作者との誤解から「引退」と載ってしまったが、芸能界引退ではなく一時休業をして治療後またカバンに入りたいと話しているそうです。