キャンプツーリング初心者向けの道具選び おすすめテント・バッグまで

f:id:vzero:20181104114757j:plain

バイクや自転車ツーリングにキャンプの楽しみをプラスする。バイクや自転車での長距離ツーリングにも慣れてきてもっと変化をつけたくなってきたらいつものツーリングに「キャンプ」を付け足してみたらいかがでしょう?

キャンプ自体を目的とするのではなく、ツーリングをもっと楽しむための要素としてキャンプツーリングをするのです。

 

 

キャンプツーリングでは持ち物をコンパクトに

キャンプツーリングでは荷物の積載量に限界があります。自分の愛車に合わせたキャンプ道具選びをする必要があり通常のキャンプとは準備も異なります。

基本的に道具を必要最低限に減らすのが条件になりますが、登山やバックパッキングに比べると荷物は多くなりがちです。積載方法を工夫する事でより多くの荷物を積めるようにするなどいろいろ方法があります。

 

 

 ベテランでも忘れがち サイドスタンドの沈み込み対策

f:id:vzero:20181023175616j:plain

キャンプ地ではバイクのサイドスタンドの沈み込みには気をつけましょう。地面の固さなどの状態はキャンプ場によりけりですが、ペグが普通に打ち込める程度の地面では長時間重いバイクを停めているとサイドスタンドが地面にめり込んでいき、やがて転倒してしまいます。

朝目が覚めてテントから出たら愛車が倒れていた。などという事にならないようにきちんと対策しましょう。

対策と言ってもそんなに難しいものではなくスタンドと地面の間に一枚板を挟んでおくだけで十分です。専用のものも売っていますが私は手のひら大の木の板を持ち込んで地面との間にかましています。

バイクのスタンドにはかなり重量がかかっています。夏場などアスファルトの上に駐車しているとアスファルトに穴が開くこともありますからね。

 

 

バイクの種類と積載の難易度

ネイキッド

f:id:vzero:20181023183025j:plain

f:id:vzero:20181023214303j:plain

ツーリングユースを想定した車種が多く荷掛けフックがしっかりしている。タンデムシートも広めで荷物の積載は簡単です。

 

ストリートスポーツ

f:id:vzero:20181023213358j:plain 

f:id:vzero:20181023214323j:plain

スーパースポーツほどではないですが積載の難易度は高いです。タンデムステップをポイントにフックを掛けるなどの工夫が必要になってきます。

 

 

クルーザー

f:id:vzero:20181023183620j:plain

f:id:vzero:20181023214338j:plain

タンデムシートが狭い車種も多いがサイドバッグなどの豊富な追加装備で積載を稼ぐ事が出来ます。

 

スポーツツアラー

f:id:vzero:20181023213115j:plain 

f:id:vzero:20181023214403j:plain

タンデムシートが広めな車種が多く、安定して荷物を積載できます。タンデムグリップなどを利用してネットを掛けることも出来ます。

 

スーパースポーツ

f:id:vzero:20181023212501j:plain

f:id:vzero:20181023214416j:plain

最も積載難易度の高い車種です。リアシート幅も極端に狭く荷物の積載には不向きな場合が殆ど。センターアップマフラーの車種などにもなると荷掛けする場所は限られてきます。

 

オフロード

f:id:vzero:20181023212700j:plain

f:id:vzero:20181023214433j:plain

オフロード車はシート幅が狭い代わりに前後幅が長く意外と荷物が積みやすいのが特徴です。

 

アドベンチャー

f:id:vzero:20181023184106j:plain

f:id:vzero:20181023214503j:plain

舗装未舗装路を問わない高い走破性で旅向けのバイクともいえ大量に荷物を載せれます。サイドケースやトップケースの種類も豊富です。

 

 

バイクへの積載方法は3種類

バイクへの積載方法は大きく分けて主に3種類になります。「コード&ネット」、「ツーリングバッグ・サイドバッグ」、「ハードケース・パニアケース」の3種類です。この3種類に加えて最近流行している第4の選択肢として「ホムセン箱」があげられます。

コード&ネット

f:id:vzero:20181024041925j:plain

一番低コストな方法で手持ちのバッグを使い、大き目の荷物を土台にしてコードで固定。その上にテントやマットを積み上げてネットで絞めます。昔はこの方法がもっとも基本でした。積載の仕方によりライダーの経験や技量が分かります。

年に数回しかキャンプに行かないのであればこの方法が最も安上がりでおすすめです。

 

ツーリングバッグ・サイドバッグ

f:id:vzero:20181024040804j:plain

様々なブランドから出ているツーリング用のシートバッグやサイドバッグ。拡張性も高く、機能的なポケットの配置など実に魅力的。

 

ハードケース・パニアケース

f:id:vzero:20181024041045j:plain

雨に強く、転倒時にも中身が破損する恐れが少なく、またテーブルとしても使用できるすぐれもの。走行中に積荷が片寄る事がないため安定して運転が出来ます。サイドパニアケースの場合は左右にバランスよく積載が増やせます。

固定する際に専用のフレームを取り付ける必要があり高額になりますがバイクの車種に合わせたデザインを選べれば車体と一体感が得られます。

 

ホムセン箱

f:id:vzero:20181024045557j:plain

ここ数年インターネットを通じて拡散されて利用者が増えているホームセンターで売っているボックス通称「ホムセン箱」

固定方法は主にベルト固定と穴あけ加工の必要なボルト固定の2つ。皆それぞれ自分のバイクに合わせた方法を探りながらやっています。メリットはバイク専用のケースに比べて圧倒的に安価であることです。

 

 

サイドパニアケースの取り付け方法

サイドパニアケースはバイクの左右に固定する事で横方向に積載量が増やせます。タンデムシートと上面が平行になるように設置する事でシートバッグやテントを積載する面積を稼ぐ事が出来るのでシート幅の狭い車種には便利です。

ここではシート幅の狭い250ccスーパースポーツ/(レーサーレプリカ)での取り付け例を紹介します。

f:id:vzero:20181104110537j:plain

タンデムシートを取り外してシートの下にベルト通して巻きつけます。

 

f:id:vzero:20181104110946j:plain

巻きつけたベルトをケースと繋げます。同時に左右のケース同士も水平になるよう位置を決めながらマジックテープで繋げます。これで上にツーリングバッグやテント・寝袋等を重ねる面積が稼げるようになりました。

 

f:id:vzero:20181104111337j:plain

 ケースの下側も浮き上がらないようにベルトでタンデムステップに引っ掛けます。

 

f:id:vzero:20181104111622j:plain

 反対側はウインカーに引っ掛けています。車種にもよるので参考までに

 

 

ツーリングキャンプおすすめの道具選び

 

キャンプツーリング向きのテントとは

セットするだけで立体になる「自立型」がビギナーにはおすすめです。 非自立型のメリットは軽量コンパクトな収納が出来る事ですがペグダウン出来ない場所では設置が難しく様々なロープワークにも精通している必要があります。

 

また生地が2重になっている「ダブルウォール」が定番。本体にフライシートという雨よけが付くのがダブルウォール、テント内の蒸れや防水性の劣化などを考え軽量化やコンパクト化に目をつぶれるならダブルウォールがビギナー向けとして一般的です。

 

 

 

 

シュラフ(寝袋)の選び方

 キャンプ道具の中でもスペースを取ってしまうのが寝袋です。使う気温や状況にもよりますがコンパクトな製品もありますので試してみてはいかがでしょう。形状としては内部の自由度が高い封筒型と密着度の高いマミー型に分かれます。

 

 

 

スリーピングマットの種類

実は寝袋よりも気を使いたいマット。地面のデコボコから守るだけではなく地面から熱を奪われるのを防ぎます。

種類は3パターン

①エアマット・空気を入れて膨らますタイプ ②クローズドセル・広げるだけで使える折り畳み式。ただしかさばります。③自動膨張式・バルブを開くだけで自動で空気が入ります。最後の調整だけ呼気で行います。

エアマット

 

 

クローズドセル

 

 

自動膨張式

 

 

 

コット

マットよりもさらに快適性を選ぶならコットがおすすめです。地面のコンディションに左右されませんし快眠できます。

 

 

 

ストーブ

アウトドアガスカートリッジやカセットガスカートリッジを使用するタイプがおすすめ

 

 

 

 

クッカー

キャンプ用の鍋。数種類セットで持っておくと料理の幅が広がります。

 

 

 

 

ローテーブル

調理をするにも食事を取るにもフラットなスペースは絶対に欲しくなります。

 

 

 

 

チェア

地面に座るのと椅子に腰掛けるのとでは快適さが全然違います。

 

 

 

 

ランタン・ライト

明るすぎる必要は無いですが最低限の明かりは必要になります。

 

 

 

焚き火台

夜に焚き火を楽しみたいなら直火禁止のキャンプ場では必需品 です。小さく畳めるコンパクトなものを選びましょう

 

キャンプツーに最適 軽量焚き火台 Kaliliファイアスタンド レビュー - ゼロノート

 

笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 レビュー ソロキャンプにおすすめ! - ゼロノート

 

ツーリングバッグ

ツーリング用に特化した大容量のリヤバッグ。バイクから取り外した後の持ち運びもしやすいです。

 

 

 

キャンプ場内でのバイクの取り扱い

キャンプツーリングは普段のツーリングとは違い荷物を満載しているので重心も高くなり転倒リスクも高くなります。キャンプ場に着く直前辺りから既に道も未舗装で険しくなってる場合もありますので十分に気をつけましょう。

 

移動はトルクの強いローギアでとにかく急ブレーキ急ハンドルなどはしないようにしましょう。カーブを曲がるときもなるべく車体を傾けないようにします。

傾斜や柔らかい地面、砂利など危ないと思ったら無理をせずにバイクから降りて取り回しましょう。

バイクの乗り降りにも注意

いつもと違い荷物を積載した状態でのバイクの乗り降りにはいっそうの注意が必要です。普段のように足を振り上げて跨ごうとすると足をサイドバッグやリアバッグに引っ掛けて転倒してしまう恐れがあります。

転倒リスクを減らす乗り降りの仕方としてサイドスタンドを立てたままの状態で乗り降りする事です。普段は乗る前、降りた後にサイドスタンドを足で払っているかと思いますが、乗る時も降りる時も完全に跨った状態になってからサイドスタンドを動かします。注意点はしっかりと右足を曲げて乗り降りする事です。

駐輪場所のチェック

キャンプ場のどの範囲までバイクの乗り入れが可能なのかはキャンプ場によって違います。事前に調べていくか受付時にしっかりと確認しておきたいところ。

受付時にはナンバープレートの番号を記入させられる事が殆どなので車体のナンバーを覚えてない人は事前に控えておくとスムーズに受付が出来ます。

 

関連記事の紹介

過去に紹介したキャンプ場の記事などです。

www.zero-note.net

www.zero-note.net

www.zero-note.net

www.zero-note.net

www.zero-note.net予算を制限してみたキャンプ初心者向けの記事

 

 

まとめ

ただキャンプをするだけなら車の方が向いてるでしょうが、キャンプツーリングには車では得られない楽しみがあります。くれぐれも事故には注意してキャンプツーリングを楽しみましょう。

それでは以上、『キャンプツーリング初心者向けの道具選び おすすめテント・バッグまで』でした。