バイクの手洗い洗車方法 高圧洗浄機を使うなどもってのほか

f:id:vzero:20181011030451j:plain

バイクの洗車って皆さんどのようにやってますか?なかには一度も洗車した事が無いなんて人もいるかも知れませんが、汚れた時にだけ洗車するのではなく定期的に実行する事で乗ってる時には気が付かなかった傷などに気づく事もあるのでメンテナンスの一環として是非自分で洗車を行いましょう。

 

バイクの洗車は手洗い推奨

バイクは車と比べても隙間があちこちにあります。鍵穴やマフラーを塞いでも高圧洗浄機のような水圧で水をかければシートの隙間やシール部分の内側に浸水する事も考えられます。

さらに水圧やボディの塗装面の状態によっては塗膜やステッカーが剥がれてしまうことだってありえます。ですのでここではブラシやスポンジによる泡洗車を推奨します。

 

 

用意する道具

・バケツ

・洗剤

・スポンジ

・洗車ブラシ

・拭き取り用タオル

・吸水タオルorセーム皮

洗剤は自動車用のカーシャンプー。もしくは台所用の中性洗剤でもかまいません。

スポンジはやわらかい物を使用します。

手が入りにくい場所用に小さめの洗車ブラシも用意します。

 

 

 

洗車に向いた天気

f:id:vzero:20181011030825j:plain

「今日は天気がいいから洗車しよう」なんて思う事があるかも知れませんが、実は晴れの日は洗車に適していません。特に日差しの強い炎天下での洗車は避けて下さい。

車体が熱くなると水を流したそばから蒸発していき水滴の跡などが残ってシミになったりしてしまいます。

真夏に洗車を行う場合は曇りや夕方の涼しい時間帯にしましょう。

 

 

水は基本上前方から下に向かって流す

まずはマスキングです、水が浸入してはまずい鍵穴とマフラーの穴をテープや布で覆って保護します。そしてホースの水を使って全体の汚れを流しますが、この時に下から上に向かって水をかけるのは厳禁です。

下から上向きに水をかけるとアエクリーナーが浸水する可能性があります。フェンダーの裏側は強めの水で洗い流します。もし屋外にホースなどを繋げる環境がない場合はじょうろでも結構です。

 

 

泡で優しく洗う

バケツに洗剤を入れて水で薄めます。先に洗剤を入れて強めの流水を足すことで簡単に泡が立ちますのでこの泡で洗います。

水で車体を濡らしたら泡つきスポンジで塗装面から優しく洗います。ホイールなどスポンジが入っていかない部分はブラシでこすり落とします。

 

 

水をかけて洗剤を洗い落とします

洗剤を水で洗い流したらタオルで完全に拭き取ります。拭き取り用タオルと吸水タオルで二度拭きすれば完璧です。レバーの付け根や外装の隙間など、あればエアダスターで吹き飛ばすとなお良いです。

 

 

 

洗車後の注油ポイント

 洗剤を使った洗車では必要な油脂も流れて落ちてしまいます。洗車とセットで注油も必ずしましょう。ここではシリコーンスプレーとスプレーグリースを使います。

 

シリコーンスプレーを注油する箇所

・イグニッションキー周辺。鍵穴の稼動部に少量のシリコーンを吹きます。吹きすぎは接点異常の原因になります。

・フロントフォークのシールド部分。インナーチューブに吹いておくと動きがスムーズになりサビ防止にもなります。必ず空拭きをすること。

・高温になるパーツ。マフラーやエキゾーストパイプなど高温になる場所に吹いておくと汚れがこびりつかず次回の洗車が楽になります。

 

 

スプレーグリースを注油する箇所

・ブレーキレバーの可動部。レバーを動かしながら注油して余計なグリースは拭き取る事

・ステップ、ブレーキペダルの稼動部。タンデムステップも忘れずに

・スタンドの可動部。注油後は何度か動かして完全になじませます。

 

 

 

洗車後のボディーコーティング

洗車後のボディーコーティングはいろいろな方法がありますが、ここでは簡易ガラスコーティングについて説明します。この方法は自動車のコーティングにも有効です。

 

液体・固形のワックスを塗る方法などもありますが、私はずっと「プレクサス」一本でコーティングを行っています。プレクサスは元々米軍で戦闘機のキャノピーをコーティングするために開発されたプラスチック専用の整備品です。

 

 

プレクサスを塗付け用タオルに吹き付けます。余計な箇所に飛び散らないように直接車体にスプレーするのではなく一旦布に取り出してから塗り伸ばします。ボディーだけではなくホイールや樹脂部分にも使えます。

使用可能範囲はプラスチック類全般、ボディのクリアーコート塗装面などに使えます。吸水性のある皮や布、ゴム等の素材には使用できません。

 

 

バイクの貸し出し洗車場

f:id:vzero:20181011030121j:plain

バイクの洗車場所って意外と少ない?自宅の駐車場やマンション等という場合が多いでしょう。しかしホースを繋ぐ場所が無い、洗車スペース自体が無い場合はコイン洗車場を使います。

もしくは「2りんかん」や「ライコランド」「ナップス」などのバイク用品店ではセルフ洗車場サービスを利用してみてはいかがでしょう。

 

2りんかん

30分500円。バケツやスポンジ、洗剤は全てお店が貸してくれます。備え付けのスポンジはかなり汚れている事があるので持参するか店内で購入するのが無難です。

 

ライコランド

30分1000円。延長15分につき300円。洗車道具はレンタルで1回500円かかりますが使用したスポンジとウエスは持ち帰り出来ます。

 

ナップス

30分500円。延長5分につき100円。レンタルの洗車セットは300円の基本セットか500円のこだわりセットがあります。ウエスは持ち帰り可。

 

まとめ

洗車はバイクを磨き上げる事だけが目的ではありません。洗いながらキズやオイル漏れ、各種部品の変化など手で触れながら確認する事も大切です。

それでは以上、『バイクの手洗い洗車方法 高圧洗浄機を使うなどもってのほか』でした。