【2018】無線LAN子機 おすすめランキング 簡単接続で爆速の商品10選

f:id:vzero:20180928174041j:plain

スマートフォンやタブレット、ゲーム機などを無線でインターネット接続させるために「無線LAN(Wi-Fi)」を使用しているケースは多いでしょう。

最近の機器ではほぼ対応しているのが当たり前となっていますがデスクトップパソコンや古いノートパソコンなど有線接続しか対応していないケースもあります。

そうした機種には無線LAN子機が必要になります。

 

無線LAN子機は様々なメーカーが出していて、感度や速度などから対応周波数と選ぶポイントなどからおすすめ商品をチェックしてみました。

後半では実際に使ってみた感想や有線との速度比較などのレビューも合わせて書いています。

 

無線LAN子機とは?

f:id:vzero:20180928175354j:plain

 「無線LAN子機」とは無線LAN親機である無線LANルーターからの電波を受信するためのアンテナのことです。

最近の機器ではこの無線LAN子機があらかじめ内蔵されている事が多く接続設定をするだけでインターネットに繋げる事が出来ますが

一昔前のデスクトップ・ノートパソコンまたはテレビなどには内蔵されていないこともあり、そのままでは当然有線接続しか選択肢がないのですが、そこで外付け対応の無線LAN子機を使用する事でワイヤレス接続ができるようになります。

 

また無線LAN内蔵の対応機器であっても規格が古く速度が出ない場合など外付け無線LAN子機を使用する事で改善する場合があります。

 

通信規格で無線LAN子機を選ぶ

無線LANで使用される通信規格は5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数の帯域に分けられていて5GHz帯には「11ac」と「11a」、2.4GHz帯には「11g」「11b」、そして両方の周波数帯に対応できる「11n」とがあります。

正確には「IEEE802.11○」(アイ・トリプルイー・ハチマルニ・テン・イチイチ)となりますが前のIEEE802.は省略して11acなどとパッケージなどには表記されています。

 

規格 周波数帯 最大通信速度 特徴
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps

・第2世代規格 1999年10月~

・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・壁や床など障害物に弱い

IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps

・第2世代規格 1999年10月~

・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・壁や床など障害物に強い

IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps

・第3世代規格 2003年6月~

・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・壁や床など障害物に強い

IEEE802.11n 2.4GHz 600Mbps

・第4世代規格 2009年9月~

・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・壁や床など障害物に強い

5GHz 600Mbps

・第4世代規格 2009年9月~

・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・壁や床など障害物に弱い

IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps

・第5世代規格 2014年1月~

・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・壁や床など障害物に弱い

 

 

2.4Ghz帯は壁などの障害物に強く遠くまで電波が飛びますが、電子レンジや無線ヘッドフォンなど同じ周波数帯域を使用する機器と干渉しやすいというデメリットもあります。

そして5Ghz帯の規格にはこうした電波障害に強く安定した通信が行えるメリットはありますが障害物に弱く壁や床などで通信が繋がりにくくなることがあります。

 

ですので5Ghz帯、2.4Ghz帯のどちらも使える無線LAN子機を選ぶのがポイントですが子機だけが対応していてもいけません。親機の対応速度以上は出ませんので親機ルーター側対応バンドのチェックも怠らないようにしましょう。

ちなみにこうした電波の規格は業界全体で認定した規格ですので親機と子機のメーカーはバラバラのものを購入してもなんら問題はありません。

 

 

接続インターフェースのサイズ

 無線LAN子機の機器との接続にはUSB接続を使います。ただ空いてるUSBポートに差し込むだけで電源供給もUSBポートから受けられるので簡単です。

 

無線LAN子機のサイズにはノートパソコンに挿しっぱなしにしていても邪魔にならない爪のサイズほどの小型な物から、外部アンテナを要したUSBメモリや手のひらサイズ程度のものまであります。

表記してある対応通信規格は同じであっても、外部アンテナのあるタイプの方が感度は高くなります。

家の中での使用であっても離れた部屋や、1階にルーターを設置して2階の部屋で子機を利用する場合などは外部アンテナ付きの物を選ぶなど考慮しましょう。

 

 

おすすめ無線LAN子機 ランキング

種類や選び方が分かったところでおすすめの無線LANを紹介します。

フレキシブルな外部アンテナが付いたモデルと

極小のUSBアダプタ・メモリタイプと形状ごとに分けたランキングとなりますのでご自身の使い方に合わせて参考にして下さい。

 

外部アンテナ付き無線LAN子機ランキング

5位 Aoyool 無線LAN 子機 wifi 子機 11ac 無線LAN アダプタ 1200Mbps

11ac対応。上下左右に可動する2本の高増幅アンテナがあり、360度全方位から遠い場所からでもワイヤレス信号をキャッチできます。デュアルバンドは超高速1200Mbpsに対応、ストリーミングやオンラインゲームにも快適にこなせます。

初期設定は同梱のCD-ROMを使ってインストール可能です。

左右にアンテナがせり出している形状のため、ノートパソコンの使用ですと他のUSBポートを塞いでしまうかも知れません。

ですが受信感度やギガプランの光回線など通信速度を優先するのであればこのタイプが最もおすすめです。

カスタマーレビューでもこの商品に変えてから改善したとの声が多いです。

 

 

4位 TP-Link WiFi 無線LAN 子機 Archer T2UH 11ac 433Mbps+150Mbps

11ac対応。スタイリッシュなデザインの無線LAN子機。柔軟に動かせる外部アンテナに加えて1メートルのUSBケーブルまで付属していて最適な位置で感度調整が可能となっています。

設定不要でWindows 10/8.1/8ではすぐに使えます。(その他のOSは付属のCD-ROMを使ってインストールします)

最新ドライバーは公式サイトからダウンロードの必要あり

WPSボタン付きでルーターとのペアリングも簡単です。

 

 

3位 I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 11n/g/b 300Mbps アンテナ型 WN-G300UA

11ac非対応。11n/g/bに対応、送受信共に300Mbpsの高感度無線LANアダプターです。

無線LAN子機として利用できるクライアントモードのほか、アクセスポイントモードでは中継機としても利用が可能です。

 

 

2位 BUFFALO 11ac/n/a/g/b 433Mbps USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

11ac対応。安定のBUFFALO、ボタンを押すだけのワンタッチ接続“AOSS”に対応。

アンテナは3軸で回転可能で、様々な方向に傾けることが可能です。

親機が子機の位置や距離を判別して、複数のアンテナの電波を同時に届かせ高いスループットを実現する「ビームフォーミング」に対応しています。(親機がビームフォーミングに対応している必要があります。)

インストールCD付き。

 

 

1位 エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 433Mbps ハイパワーアンテナ WDC-433DU2HBK

11ac対応。 「WPS」機能を搭載しています。WPS対応の無線LANルータと、製品の背面にある「WPSボタン」を押すだけで、セキュリティ対応の無線LAN接続を完了できます。

基本的なスペックはBUFFALOのWDC-433DU2HBKと同じですがこちらの方が価格が1000円近く安いです。

その代わりにインストールCDが付属していないのでドライバを公式サイトからダウンロードする必要があり、あらかじめインターネット接続できる環境が必要となります。

 

 

USBアダプタ・メモリタイプ ランキング

5位 TP-LINK 無線LAN子機 AC600 ワイヤレス デュアルバンド USBアダプタ Archer T2U

スマートでスタイリッシュな11ac対応コンパクトモデル

デュアルバンド対応、Windows10/8.1/8は設定不要。かんたんセキュリティのWPSボタン付きです。

 

 

4位 PLANEX 無線LAN子機 (USB3.0アダプター型)11ac/n/a/g/b 866Mbpsブラック GW-900D-BK

Amazonで1,150件以上のカスタマーレビューが付いている人気機種。

11ac対応。本体にWPSボタンを搭載し、WPS対応機器との接続設定をワンタッチで行う事ができます。初めて無線LANの設定をする方でも簡単に接続する事ができます。

 

 

3位 エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 11ac/n/g/b/a 867Mbps USB3.0 WDC-867DU3S

11ac対応。USB3.0に対応しパソコンに装着するだけで高速通信を可能にします。

ノートパソコンに挿しても飛び出す部分はわずか22mm重量は4gです。windows10は挿すだけで使えます。

 

 

2位  I-O DATA 無線LAN Wi-Fi MU-MIMO対応 小型 子機 11ac/n/a/g/b EX-WNPU1167M

 11ac対応の小型無線LAN子機。5GHz帯、2.4GHz帯ともに2ストリーム対応で867Mbps(規格値)の高速通信が可能です。

かなりコンパクトで重さは2.4グラムしかありません。

小さいだけではなく可動式アンテナが付いていないにも関わらず「ビームフォーミング」に対応しています。

 

 

1位 BUFFALO エアステーション 11n対応 11g/b USB2.0用 無線LAN子機 親機・子機同時モード対応 WLI-UC-GNM2S

 11n対応 11g/b USB2.0用 無線LAN子機。

対応OSはWindows 10(32/64)/8.1(32/64)/7(32/64)

切り替え不要で子機機能と親機機能の両方を同時に使えます。

親機機能はWindows 7のみ対応しています。

f:id:vzero:20180928160509g:plain

 ボタンを押すだけのワンタッチ接続 AOSS対応。

 

 

エレコム 無線LAN子機 ハイパワーアンテナ WDC-433DU2HBK レビュー

 購入しました商品はこちらです。うちはドアの隙間が狭く、フラットタイプのLANケーブルでも開け閉めの度に気を使うので導入しました。

 

f:id:vzero:20180928101137j:plain

11ac対応。433Mbpsの中速度のモデルです。扉一枚隔てているだけですので外部アンテナなしでも十分受信できるのでしょうけど、どうせなら感度が良い方がいいに決まっているのでこの形状を選びました。

ルーターはバッファローの物を使用しています。

 

f:id:vzero:20180928101155j:plain

初期設定に必要なCD-ROMなどは付属していません。

面倒ですがインストールに必要なドライバは一旦有線接続をしてインターネットからダウンロードする必要があります。

 

f:id:vzero:20180928102500j:plain

本体はこのようになっています。

 

f:id:vzero:20180928102541j:plain

パソコンに取り付けた状態でアンテナを任意に可動させることが出来ます。

 

f:id:vzero:20180928102738j:plain

 面倒な無線LAN設定や暗号化の設定を意識することなく、簡単に無線接続できる「WPS」機能を搭載しています。WPS対応の無線LANルータと、製品の背面にある「WPSボタン」を押すだけで、セキュリティ対応の無線LAN接続を完了できます。

 

f:id:vzero:20180928102838j:plain

挿し込むとこんな感じです。邪魔に感じるならPC本体裏側の空いてるUSBポートに挿しても良いのですが今のところ気にはなりません。

 

スピードテスト

f:id:vzero:20180928104518j:plain

f:id:vzero:20180928104609j:plain

スピードテストの結果です。上が有線LAN接続で下が無線LAN接続です。

ほぼ同じなのですが無線の方がpingの応答速度が若干速いですかね。しかし測定する度にどちらも多少の変動はするので誤差の範囲内でほぼほぼ速度の違いは無いと思って良いでしょう。

 

まとめ

f:id:vzero:20180928102904j:plain

今回は無線LAN子機について紹介しました。ファミリーで一家に複数台パソコンがあるご家庭などは何本もケーブルをはわせるのではなく、全部いっぺんに無線LAN化してしまうのも良いでしょう。

外部アンテナの付いた無線LAN子機が角度を調整して受信感度を高められるように、ルーター側も合わせて外部アンテナ付きの物を選ぶなどするとさらに効果的です。

それでは以上、『無線LAN子機 おすすめランキング 簡単接続で爆速の商品10選』でした。