Photoshop CCとElementsの違い・できる事できない事

f:id:vzero:20180820231704j:plain

画像編集ソフトの決定版といえばPhotoshop(フォトショップ)が有名ですが

現在購入可能なバージョンにPhotoshop CCとPhotoshop Elements(エレメンツ)という2種類のバージョンが存在します。

今回はその両ソフトの違いについて比較説明をしたいと思います。

 

フォトショップCCとエレメンツ

PhotoShop CC

主に写真編集(フォトレタッチ)として使うソフトウェアの代表格で有料・無料で配布される様々なフィルタやブラシなどのプラグインを追加することにより機能を拡張する事ができます。

 

プロ仕様の高額ソフトで以前のCS(Creative Suite)というバージョンでは10万円以上していましたが現在のCC(Creative Cloud)から料金を支払っている期間だけ使える月額利用制になりました。

一般的にフォトショップと言われたらこちらの事を指します。

 

Photoshop Elements

Photoshop CCの機能を一部制限されたいわゆる廉価版にあたります。

主要な機能が使いやすくまとまっていて初心者にも扱いやすくなっています。

こちらもPhotoshop CC向けに配布されているプラグインを使って機能を拡張する事ができます。

 

かつて15万円ほどで販売されていた上位版PhotoShopに比べElementsの方は約1万5千円程度とかなり手の出しやすい価格設定です。

現在、上位版のPhotoshop CCは年間or月額利用での支払いになり単純な購入金額での比較は出来なくなりましたが

年間使用で1~2万円かかるPhotoshop CCに比べれば、それでも割安だと思います。

まれにパッケージ版と同様のものがスキャナやペンタブレットを購入した際に付属してくるバンドルソフトとして同梱されている事があります。

 

 

インターフェースの比較

PhotoShop CC

 

f:id:vzero:20180820223552j:plain

Photoshopの基本的な作業画面です。

 

f:id:vzero:20180821000427j:plain

ツールボックス一覧

 

 

Photoshop Elements

f:id:vzero:20180820223821j:plain

PhotoshopCCとほぼ同様な手動編集画面です。

 

f:id:vzero:20180821000406j:plain

ツールボックス一覧

 

f:id:vzero:20180820224929j:plain

こちらは写真の整理や編集をボタン1つで簡単に行える、自動編集の画面です。

エレメンツの起動時に手動編集にするかこちらの半自動編集にするか選択することにより

使い勝手の異なる2種類の作業画面が選べます。

 

f:id:vzero:20180820225134j:plain

 編集したい写真を選択したら1クリックで写真を自動補正したり、ガイドに沿ったシンプルな操作で写真編集が出来ます。

 

 

Photoshop Elementsで制限されている機能

以下ではPhotoshopCCにあってエレメンツには無い機能について解説します。

 

  Photoshop CC Photoshop Elements
対象ユーザー プロ向け 個人向け
購入方法 年or月契約 買い切り
CMYKカラー ×
ペンツール ×
スマートオブジェクト ×

 

印刷用カラーモード「CMYK」が使用できません

f:id:vzero:20180820233811j:plain

Photoshopのカラーモードの種類には「グレースケール」「RGB」「CMYK」といった種類があります。

ウェブ用のデータでは主にRGBを使用しています。一方、CMYKというのは冊子や写真など印刷物に適した形式です。

RGBのフルカラー表示可能色は約1677万色になりますが、印刷物ではインクの技術上の制約からそれだけの色数は再現不可能なので

RGBのデータをそのまま印刷してもモニターで見たものと実際の印刷物とで差がでてくすんだような状態になってしまいます。

 

印刷物にする時にはRGBで製作された画像データを一度CMYK形式に書き直す事で印刷で再現可能な状態まで色数を減らす処理をします。

そうする事でモニターで見た色と印刷物の色味をおおよそ一致させる事ができます。

 

印刷所へ入稿するカラー原稿などはCMYKでの提出を求められますが

家庭用プリンターでの年賀状印刷など個人で使う分にはそこまで神経質になる必要は無くRGB形式のままでもよいかと思います。

 

曲線ペンツールがありません

f:id:vzero:20180821001145j:plain

PhotoshopCCには通常のブラシツールの他にペンツールというものがあります。

標準のブラシツールがフリーハンドで線を引くものであるのに対し、ペンツールはアンカーポイントを作成してブレの無い滑らかな曲線や直線が描けます。

つまり線の始まる位置と終わる位置を指定して、その間を自動で線で繋いでくれる機能の事です。

慣れやコツを要しますがフリーハンドで描けないような難しい曲線なども綺麗に描けます。

 

Photoshopでは重要なツールの1つです。この機能を使いたい場合はPhotoshopCCを選ぶ必要があります。

 

スマートオブジェクトが使用できない

「スマートオブジェクト」とは配置された画像を元の画質を保持したまま拡大・縮小・回転などの編集が可能な機能です。

 

 

 まとめ

安く簡単に写真や画像編集がしたい人はPhotoshopエレメンツ。

パスを使った本格的なロゴ製作やデジタル入稿用の原稿作りならばPhotoshopCCを選択

といったように目的に合わせてどちらにするのか決めると良いでしょう。

 

または取り合えず入門としてエレメンツから使ってみて

物足りなくなったら乗り換えるのもおすすめします。

それでは以上、Photoshop CCととElementsの違い・できる事できない事 でした。