伊東に行くならハトヤ!ホテル サンハトヤ噂の海底温泉レポート

f:id:vzero:20180625231235j:plain

今の若い人は知らないでしょうけど「伊東に行くならハトヤ」のテレビCMで

超有名なハトヤホテルの海底温泉に入ってきました。

 

www.youtube.com

ハトヤホテルのCM、関東ローカルで90年代前半ごろまでかなりの期間流れていたので

ある年代以上からの知名度は抜群に高いんじゃないでしょうか。

しかし存在は知っていても、なかなか行ったことある人は多くは無いと思います。

そんな今となってはレトロなスポットハトヤホテルに行ってきました。

 

 

伊豆にツーリングに行こう

f:id:vzero:20180625215909j:plain

ツーリングの予定としてはハトヤの日帰り温泉に入り食事をしたら

伊豆スカイラインを通って帰ってくるというもの

天気が良くてテンション上がります。行きの高速では前方にずっと富士山が

見えていました。

 

CMの海底温泉があるのは別館の方だった

f:id:vzero:20180625221245j:plain

ハトヤホテルには高台に建ってる「本館ハトヤ」と海沿いに建ってる

「別館サンハトヤ」がありCMでおなじみの大きな水槽が見れる海底温泉があるのは

実はサンハトヤの方らしいです。

今更ですがあのCM見たらどう考えても本館にあると思うでしょう。

そんなこんなでサンハトヤに到着しました。

 

 

随所に漂う昭和のレトロ感

f:id:vzero:20180625221621j:plain

海底温泉は確かにありました。なんとも古めかしい雰囲気。

 

f:id:vzero:20180625221901j:plain

ホテルのロビーです。ここまで来るまで凄い渋滞してたし

観光客も沢山見かけましたがホテルは閑散としてます。

建物内部も清掃がゆき届いていて綺麗は綺麗なんだけど

どこか昭和っぽさがします。

 

f:id:vzero:20180625222509j:plain

ホテル内にはゲームコーナーもあります。この写真じゃ一部分しか写ってないから

分からないですが、なんかもの凄く広いです。

どうやらホテルとは別の会社が運営してる独立したゲームセンターのようです。

以前ゲーセンでバイトしてた事があるのですが、そこよりも広いし筐体も多い

 

 

海底温泉の入浴プラン

まず日帰り温泉のチケットを購入します。

温泉だけのプランと温泉・昼食付きのプランとがあり

入浴のみが2000円

入浴+昼食のプランが2500円となっています。

昼食可能時間は11:00~15:00までとなります。

 

昼食付きプランを購入すると先に温泉を勧められます。

風呂から上がってくる頃に合わせて食事の準備をしてくれるそうです。

 

 

これが夢のハトヤ 海底温泉

f:id:vzero:20180625223442j:plain

子供の頃、キン肉マンの合間とかにCMやってて行ってみたいな~と思っていましたが

まさかこの歳になって実現することになろうとは

お湯は熱すぎずのんびり水槽を眺めて入浴できます。

(お風呂の写真は公式からお借りしました)

 

 

伊豆の漁師鍋定食

f:id:vzero:20180625225500j:plain

大体30分くらいで風呂から上がると伝えてあるのでその頃になったら

レストランに行きます。

するとちゃんと席の準備がしてあり、着席するとすぐに料理が運び込まれてきました。

温泉だけのプランと昼食付きのプランの差額は500円だけですが

どう見ても差額以上の料理が出てきました。

 

f:id:vzero:20180625230744j:plain

食事が済んで畳で寝転がって休んでいると

もうどこにも行きたくなくなってしましますが次にいきます。

 

 

f:id:vzero:20180625232116j:plain

帰りは伊豆スカイラインを通って箱根新道経由で帰りました。

雲が1つもなく富士山が綺麗に見えました。

 

今回は日帰りでしたが今度は宿泊で来てみるのも面白そうです。

私が行った時はタイミング悪くお土産屋が閉まっていて買えませんでしたが

「ハトヤサブレ」なるハトサブレのパロディー商品が売っているのでオススメです。

 

 

トミカリミテッドヴィンテージ TLV-N51b 日産シビリアン (ハトヤホテル) 完成品

トミカリミテッドヴィンテージ TLV-N51b 日産シビリアン (ハトヤホテル) 完成品