【廃墟遊園地】奈良ドリームランドは夢の国

f:id:vzero:20180607003620j:plain

 

中国の偽ディズニーランドとして悪名高い「石景山遊楽園」はテレビやネットなどでも

取り上げられて当時話題になっていたので覚えている人も多いかと思いますが

かつて日本にもディズニーランドのパクリ遊園地があったのをご存知だろうか?

それが「奈良ドリームランド」である

 

日本にあったディズニーランドのパクリ遊園地

 

http://tw.silk.to/am/dreamland/www.nara-dreamland.co.jp/

 

奈良ドリームランドは1961年7月1日から2006年8月31日まで運営していた

奈良県奈良市に存在した遊園地である。

 

ウォルトも激怒した開園の経緯

きっかけは歌舞伎役者で事業家の松尾國三がアメリカにあるディズニーランドに

感激し、ウォルト・ディズニーに直接面会し日本に誘致しようとしたが

ディズニー側は本気に受け取っておらず「その時が来たら力になる」と回答し

その時点ではウォルトも松尾に対して悪い印象は持っておらず、松尾の遊園地経営に

対する熱意にも感心していたほどであったが

当の松尾の方は会社のトップ同士が話し合ったのだから既に話はついたものと解釈し

奈良にディズニーランドを模した遊園地を建築し始めた。

当然ディズニー側には奈良ドリームランドに対して契約を結ぶ考えなど毛頭なく、また

ディズニーランドを模倣した質の低い遊園地を建設した事に対し生前のウォルトは

大変激怒し「日本人は二度と信用するな」とまで言わしめたという。

 

この件が後々まで後を引き、東京ディズニーランドの正式誘致の際には初めから

交渉拒否され日本版ディズニーランドの実現は困難を極めたと

オリエンタルランド会長は著書の中で語っている。

 

 

言い逃れ不可能なパクリっぷり

f:id:vzero:20180606213736j:plain

奈良ドリームランドの城

 

f:id:vzero:20180607011213j:plain

本家アメリカアナハイムのディズニーランドの城

スケールは違えどこれは現代の感覚では完全にアウトのような気がしますね。

 

 

さらに横浜にも建設してしまう

1961年7月1日に「奈良ドリームランド」開園。さらに1964年8月1日には

神奈川県横浜市に「横浜ドリームランド」を続けざまに開園してしまう。

その後、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどが出来た事により

経営は悪化。

2002年に横浜ドリームランド閉園。奈良ドリームランドも2006年には閉園した。

その後10年以上も奈良ドリームランドの跡地は買い手が見つからず施設はそのまま

放置され廃墟化していった。

 

 

廃墟となった奈良ドリームランドの写真

f:id:vzero:20180606221625j:plain

お城の原型はディズニーの眠れる森の美女の森

 

f:id:vzero:20180606221800j:plain

手入れされずに草が生え放題のアトラクション

 

f:id:vzero:20180606221826j:plain

1998年に追加開設された木造ジェットコースター「ASKA」

 

f:id:vzero:20180606222002j:plain

本家ディズニーランドを模倣したメインストリート

 

f:id:vzero:20180606222138j:plain

 

f:id:vzero:20180606222956j:plain

 

引用した写真は海外の写真家によるもの

http://izismile.com/2011/08/16/an_abandoned_japanese_amusement_park_52_pics.html

 


【心霊】奈良ドリームランド廃墟1 プール、メインストリート nara dreamland ruins1

 

奈良ドリームランドは大阪市の不動産業者が買い取り

2016年より解体が開始されました。

 

 ディズニーが卒業記念に子供たちの描いたミッキーを消させたという記事

 

f:id:vzero:20180607010113j:plain

小学生が描いたミッキーマウスを著作権違反だとしてディズニーが塗りつぶされたという都市伝説のような本当にあった当時の新聞記事です。

 

今でこそ中国のパクリ文化を馬鹿にしたような風潮がありますが、当時は日本だって

著作権意識はそれほど高くなかったのではないかと思います。

 

もし奈良ドリームランドがきちんと契約交渉が出来ていたら

状況は全然違ってきていただろうに、ディズニーはこと著作権に関しては

相手が子供であろうと容赦しないから怒らせてはいけません。 

それでは以上、『【廃墟遊園地】奈良ドリームランドは夢の国』でした。