男一人暮らしの殺風景な部屋に造花やフェイクグリーンを飾って華やかに

f:id:vzero:20180509212236j:plain

 

今の部屋に引っ越した時にお洒落だと思ってブラインドにしていたのですが

閉じても隙間から光が思った以上に漏れてきたり埃も溜まり易いので

黒の遮光カーテンに交換したところ、今度は無機質感というか殺風景な

雰囲気になってしまったので

花や観葉植物を飾ってみようと考えました

 

 花や観葉植物といっても普段の水やりとか世話が大変なので

最初から造花や人口の観葉植物にすることに決めていました。

 

f:id:vzero:20180509212755j:plain

まず最初に向かったのはスウェーデン発祥の家具チェーン店「イケア」です。

お洒落なインテリア雑貨も多く取り揃えてあって期待できます

 

f:id:vzero:20180510192100j:plain

店内にはイメージが掴みやすいようモデルルームになっています。

何気なく飾られてる植物にもよく見ると値札のタグがついており

売り物であることが分かります。

こうやって見るとやはり植物が室内にあると良いですね。

これらはみんな作り物で本物の植物ではないのですが

ぱっと見では分かりませんね。

観葉植物や造花の専門コーナーがあり鉢に入った大型の植物もあって

大変興味を引かれたのですが、

自室に置いたのを想像した時にかなり圧迫する気がしたので

ここでは大きな花の付いてる造花を2本購入しました。

 

f:id:vzero:20180509214307j:plain

次に来たのは「ニトリ」です。ここもイケア同様に造花を多く取り揃えてあります

いろいろと扱ってる造花やフェイクグリーンを見比べてみると

イケアもリアルと思って興奮しましたが、ニトリの造花やフェイクグリーンの方が

クオリティーが一段上をいってる印象です。

f:id:vzero:20180510192126j:plain

イケアの方は葉の部分がビニールっぽくツヤツヤしてるのに対して

ニトリの方は葉の表面がザラザラとした加工がしてあり、本物感が増してます。

ここでも花を一本と小さな鉢植えに入ったフェイクグリーンを購入しました。

 

f:id:vzero:20180509221657j:plain

最後に来たのは四谷にある、日本最大級の造花専門店「東京堂」本店ショールームです

7階建ての店内は全て造花やフェイクグリーンで埋め尽くされています。

f:id:vzero:20180510192150j:plain

しかも専門店なだけあり取り揃えてる種類が半端ないです。桜の木や竹などもあるし

薔薇だけでも何十種類もあります。

出来栄えの方も先に見てきたイケアやニトリ以上のクオリティで

花びら一枚見ても端っこ部分が若干枯れかけてくしゃっとなった感じまで再現されてて

これまで見てきた量産品のそれとはちょっと別次元の作りをしています。

値段も結構してますね。

これいいなと思って手に取るとびっくりするような値段だったりします。

 

平日の昼間に行ったのですがお客の殆どは女性で皆さん買い物カゴいっぱいに

購入されてました。

花ばかり買ってたので変化をつけるため

ここでは木の実の付いたつたの様なものを購入しました。

 

f:id:vzero:20180509222015j:plain

さて買ってきた造花を用意していた花瓶に入れてみたのですが

なかなか良いじゃないんでしょうか。

大分華やかになりました。

 

いろいろ見てきましたがリアルに作られた物を見るのは本物をみるより

楽しかったですね。

ああ、今度は食品サンプルを売ってるお店を巡ってみるのも

凄く楽しそうです