イラスト初心者に安くて おすすめ Unigear LEDトレース台レビュー

f:id:vzero:20180429192811j:plain

 LEDタイプの薄型トレース台を衝動買いしてしまったので

製品レビューをしてみたいと思います。

 

トレース台とはライトボックスとも呼ばれますが主に絵の複写に利用される道具です。

蛍光灯などの光源の付いた板の上に原稿と転写したい紙を重ね、光で透かしながら

ペンでなぞり描きする事で模写が行えるようになる道具です。

 

トレース台には光源が蛍光灯のタイプとLEDを使用した薄型タイプがあるのですが

現在メジャーで人気があるのは薄型タイプらしいです。

 

というのも私はつい先日までこの薄型タイプのトレース台の存在自体を

知りませんでした。トレース台といえば蛍光灯の入ってる傾斜の付いた箱型の物で、

私は20年前に購入したものを現在も所有しています。

 

ですからもう何年も前から主流になってるらしいLED薄型タイプを見た時は
今はこんな便利になってるのかと浦島太郎状態でなんだか興奮してつい買ってしまったのです

しかもお値段はamazonで購入時の価格で1750円。


昔買ったトレース台なんかは1万近くしてて中高生時代の自分には
当時なかなか買うのに決心がいる値段だったというのに
これは衝動買いするのも仕方ないのですね。
amazonのレビューでも子供のおもちゃとして買い与えてる方も多いようです

 

とにかく薄くて そして軽い

f:id:vzero:20180429192832j:plain

 

A4サイズ、厚さ5ミリ。側面に付属のUSBコードを挿して電源供給します。

ACアダプタは付いていないので

自前のモバイルバッテリーやUSBコンセットを使用します。

 

f:id:vzero:20180429192929j:plain

三段階調光、スイッチをタッチすることで明るさが三段階に切り替えできます

思ったより明るいですが目が疲れるような眩しさではありません。

 

f:id:vzero:20180429192913j:plain

表面全体が発光するのではなく荒いメッシュ状に発光します

紙を敷けば私は気になりませんでした

蛍光灯式のように盤面に手を乗せていても熱くならないのは良いです

 

ノートサイズなのでそのままカバンに入れて持ち運ぶ事も出来ますし大変便利です

良い時代になったものです。こういう画材関係もいろいろと進歩してるんですね