ロゴスランドが京都にオープン!その内容と気になる料金は?

f:id:vzero:20180516220135j:plain

 

京都府城陽市に2018年6月30日より総合アウトドアレジャー施設

『LOGOS LAND』がオープンします。

国内有名アウトドアブランドのLOGOSが「外で、食べて、遊んで、泊まる」を

コンセプトにした公園とレストランを併設した2つの宿泊施設を含む3施設を

段階的にオープンする予定です。

f:id:vzero:20180517001645j:plain

◆第一期オープン(2018年6月30日)◆

◇ CAMP FIELD(キャンプフィールド)
テント泊を室内で体験できる画期的なホテルを配置

◇ ACTIVITY HILL(アクティビティヒル)
広大な芝生がひろがるフィールド


◆第二期オープン(2019年春以降)◆

◇ FES VALLEY(フェスバレー)
イベントが行われる石畳の広場

MAPLE TERRACE(メイプルテラス)
京都初の「ロゴスショップ」・「ロゴスカフェ」

◇ BBQ GRASSLAND(バーベキューグラスランド)
広大なBBQ場・話題のグランピング場を開設

 

logosland.jp

LOGOS LAND公式ホームページより宿泊・BBQの予約受付を開始しています。

予約には事前に会員登録が必要です。

 

総敷地面積は東京ドーム約2個分で「ロゴスショップ」や「ロゴスカフェ」など

展開していく予定。

 

第一期オープンの6月30日からは、世界初の室内テント泊の出来るホテル

「プラムイン城陽」やイタリアンベースの本格アウトドア料理の堪能できる

「ロゴスファミリーレストラン」も利用することが出来ます。

f:id:vzero:20180516213021j:plain

テントを張って過ごす客室イメージ図

 

すでに土曜の予約は埋まり、平日はまばらながら予約が入ってきている様子。

 

園内への入場料は無料で公園内各種遊具、プラムイン城陽2階フリースペースなどを

無料で開放。

ホテルへの宿泊は人数に応じて料金が加算されます

宿泊は屋内のみで野外でのキャンプは出来ないようです。

テントはあらかじめ設置してあるので自身での設営は不要。

寝具も全てROGOSの寝具シュラフを使用

 

一泊の各利用料金は以下の通り

フリースペースタイプ

¥2,500(税別)/大人(18歳以上)1名のみ(最大16名宿泊可)

テントタイプ

¥8,000(税別)/大人(中学生以上)
¥6,000(税別)/小人(小学生)
¥2,000(税別)/未就学児(3歳~小学生未満)
無料/幼児(3歳未満)


2段ベットタイプ

¥6,500(税別)/大人(中学生以上)
¥4,500(税別)/小人(小学生)
¥2,000(税別)/未就学児(3歳~小学生未満)
無料/幼児(3歳未満)


特別室

¥8,000(税別)/大人(中学生以上)
¥6,000(税別)/小人(小学生)
¥2,000(税別)/未就学児(3歳~小学生未満)
無料/幼児(3歳未満)

 予約は公式HPより

 

ホテルと考えると安いけどキャンプ泊と思えば高くも感じる。ホテルとキャンプの

間を取ったような料金体系ですね。